謎のブログ

謎の生物(゚Д゚)@謎が書く謎のブログ。気の向くまま風の向くまま。

俺たちのバターフレーバーオイルがけポップコーンがっ!!!

 お久しぶりです、こんにちわ。

 インド映画見たりインド映画見たりインド映画見たり(以下略)していたので、家から一倍近いイオンシネマになかなか行けずにいました。

 イオンシネマと言えば、そう、バターフレーバーオイルのかかった塩ポップコーンです。これがどれだけ好きかは過去に書いた記事をお読みいただければ。(読まなくても大丈夫です)

 

nazoblog.hatenablog.jp

 

 昨日も、超久しぶりにバターフレーバーオイルのかかったポップコーンが食べられると超超超超超楽しみにしていました。見る予定の映画も楽しみでしたが、ポップコーンがあるからイオンシネマを選んだぐらいでして。

 鬼滅の刃でごった返すコンセッションにワクワクしながら並びました。

 列が進み、レジが見え出した時に異変に気づきます。

 

提供されるポップコーンは袋に入れられて口が縛られている

 

…それは…オイルをかけられないのでは…このご時世、縛った袋の口を開けることはするまい…。

 予想通り、提供されるポップコーン、ポップコーン全て口を縛ったままです。

 自分の番が来て、恐る恐る店員さんに聞きました。

 

「バターフレーバーオイルは無くなったのでしょうか?」

「すみません、無くなりました」

 

Σ(゚д゚lll)ガーン

やややややや、やっぱり~~~~~~~!!!!!

 

 並んでレジまで行った以上、また、この苦境にある映画館に少しでも貢献すべく飲み物だけ頼んだのですが、私のショックときたら…。

 

 映画館で食べるものがほぼ無い私の唯一好んで食べるバターフレーバーオイルがけポップコーンが無くなってしまった…。新型コロナが憎い…。

 私、超絶好きだったものに生レバー・牛生肉があったのですが、これも病原菌の関係で無くなってしまってまして。

 まあ、それだけ病原的に危険な食べ物を好んでいると言うわけですけども…。

 お願いだから、病原各位にあっては私から好物を取り上げないでください…。

 

 そんなわけで、全国9067万人のバターフレーバーオイルがけポップコーン愛好者のみなさん!イオンシネマに行っても食べられません!!!繰り返す、イオンシネマに行っても食べられません!!

 だがしかし、絶望してはいけない!人類がウィルスに打ち勝った時、かならずや復活すると信じて生きていきましょう!!!

 

 

 

 

シブ読:『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』 出版記念トークショー&サイン会  

 シブ読、それは「渋谷駅前読書大学」の略称。

 渋谷スクランブル交差点に面した好立地に生き残る書店、大盛堂の3階イベントスペースにて行われる本のソムリエ”団長”さんとゲストによる無料トークショーの事である。

taiseido.co.jp

 

 と言う事で、過日8月29日に行ってまいりました。西澤ロイさんの10冊目の著書、『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』の出版記念トークショー

 シブ読参加は初めてならば、書店さんに入るのも初めてでして。中はこうなっているのかと興味津々で会場に行きました。

 入り口では、店長さんかな?好感の持てる男性の方が検温とアルコール消毒のお願いをされており、もちろん入場はマスク着用の上でした。

 席は、ソーシャルディスタンスを考慮してかなり間隔を開けており、安心。

 さらに、ひな壇との間も十分な上にアクリル板がテーブルに立ててあるので、なお安心。配慮の徹底が素晴らしかったです。

 ということで、開始前にパシャリ。

f:id:nazonazoon:20200903212848j:plain

 夏服のロイさん。後ろ見たらドクターイエローのTシャツでちょっと笑いました。そんなシャツあるんですね~。

 そして、初めてお会いした団長さん。トークショーの後に撮影させてもらいました。見た目怖いですが(失礼)、とても気さくな良い方でした。

f:id:nazonazoon:20200903213159j:plain

 団長さんは、年間1000冊以上の本を読み、五か国語を操れ、ロックバンドのボーカルとギターもこなし、天は二物を与えずって嘘だよね!?と思っちゃう方。ロイさんへの突っ込みも的確で、感心しました。凄い人が居るもんだ。

 

 さてトークの内容はと言いますと、出版秘話がまず語られました。実は、編集者の方が会場にいらしたんですね。鯨岡さんと仰いまして、ベストセラーを連発しておられるとか。

 

 

 この本を手掛けた方だそうです。14万部とか売れちゃってるそうで。書籍って2万部売れればヒットらしいんで…すごいですな。

 

 さて、その鯨岡さんにロイさんは自ら売り込んだとのこと。でもまあ、売り込みはそんなに珍しくもない(らしい)ですが、鯨岡さんにたどり着いた切っ掛けが「ひらめき」と言うところが面白い。

 

 そんなお話やら内容についてのお話やら色々ありまして、楽しく聴いておりました。

 

 ザックリと本の内容を紹介しますと、日本語を英語に翻訳しやすいように、まず、日本語の作り方を変えましょう、というお話。そういうのを系統立てて論理的にきちっり解説した本です。

 

 さて、トークが進み、団長さんのターンで私の思っていたことをズバリ言ってくださいました。

 

「初級の人よりは(中略)中級より上の人により響くのかなと…」

 

 これ、自分も思ってまして。

 レベルが初級より上のような気がしたんですよね。ロイさんは初級とか中級とか気にしていないらしいですが。いや~、学習者は気にするぞ(笑)

 ちなみに、基本的には初心者でも十分理解できる内容です。あと、ちょっと難しいんじゃ?ってとこには、ちゃんと解説も入ってるので、初心者でも置いて行かれるってことはないです。

 あと、

 

「日本語の話し方がきちっとして伝わりやすいと機械翻訳Google翻訳などのサイトを使った翻訳)も上手くいく」(大意)

 

と言うのも、全く同意でした。

 もともと、日本語の作り替えはある程度の英語学習者は何となくやってきているものですし、私は機械翻訳により正確な英文を返してもらうためには、どういう日本語にすればいいのかを模索して身に付けた物です。だから当然、言い換えが出来れば機械翻訳でより正確な訳を得られるでしょう。

 団長さんは私が感じていたことを、より詳しく的確に発言くださって「さすが!」とおもいました。

 もっと早くにこの本が出てればなぁ。自力で暗中模索して苦労しなくて済んだのに。と思いますね。

 

 そんなわけで、団長さんに興味がわいて、帰ってから検索しましたよ。

 いや~、本当に見た目も雰囲気もカッコいいし、漂うインテリジェンスも素敵なんですよ。

 

 ちなみに、ロイさんがお話されたネタはどれも面白かったのですが、書いちゃっていいのかどうなのか分からないので書きません。どれも面白くてトークショーに行ってよかったです。

 

 ご本については、わりと基本的な部分が書かれてあるので、英語使えたらな~と言う方は一読することをお勧めします。

 

 

 

4年ぶりのゲーム機購入【NINTENDO SWITCH】

 人間とは懲りない生き物である。否、私がバカなだけだ。

 子供の頃にゲーム機を買ってもらえなかった不満がずっと募り、自分のお金を手に入れてから、ぷよぷよをやるために中古のメガドライブを購入したのを皮切りに、

 

1ゲーム機につき1ゲームタイトルしかやらない

 

くせにゲーム機を買うという愚行を犯してきたのだ。ああ、無駄遣い無駄遣い。

 同じような愚行はiPodiPad系でもやらかしている。十分に使いこなせていない。

 

 と言うわけで、最後のゲーム機は無駄に限定版のPS4を買った4年前でした。

 

nazoblog.hatenablog.jp

  そして今回、ただ「リングフィットアドベンチャー」をやるためだけにNINTENDO SWITCHを購入したのであります。

f:id:nazonazoon:20200822214453j:plain

f:id:nazonazoon:20200822214533j:plain

 たび重なる愚行…。だが、反省はしない。(そして、また愚行を犯す未来が見える)

 

 今回は、なかなか手に入らないところ、Twitterのフォロワーさんのおかげで購入することが出来ました。ありがとうございます。

 

 さて、3DS持ってるから、その時使ってたニンテンドーネットワークIDで色々できるのかと思ったら、いま、それ使わないんだね。ニンテンドーアカウントを取得しないといけなかったです。(多分なくても遊べるとは思う)

 

 いや~、めっちゃ画像きれいですよ。小さなテレビとして使いたいぐらい綺麗です。

重さも思ったより重くないですね。とりあえず、付属品結構多いので収納カバンが必要だなぁと思って、液晶保護シートと一緒にAmazonでポチっとしました。

 

 

 そして、先週購入しておいたリングフィットアドベンチャーの出番です!!

f:id:nazonazoon:20200822221654j:plain

 我が家はテレビの使用権が母にあるので、ひとまずスイッチの画面でやってみたのですが…

 

うん、無理

 

でした。やはり、テレビのような大きな画面でないとやりにくいです。

 リングフィット自体のお話はまたいつか。

 ちなみに、リングフィットも入手が難しいのですが、ラッキーなことに某大手電器店にあったんですよ。

 

 いやあ、ここまで入手困難なものがそろったからには…痩せねばならぬ…。おおう。





 

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5

 文法。

 これほど私は嫌いなものは無い。日本語の文法ですら、私は理解できないのだ。なんだよ五段活用って。意味わかんねぇ。当然、国語の点数は悪かった。文章書くのが好きな割には、国語の点数はかなり悪かった。

 

 そんなわけで、英語の文法なんてとんでもない!なのだ。

 日本語だって文法わかんなくても文章マトモにかけてるし読めてるじゃん。

 はじめは、そう思っていた。

 が、英語学習でよく言われるのは「ネイティブが十数年二十年かけて身に付ける英語を数年で身に付けなくてはならない」「そのためには、『聞き流すだけ』とか言うのは有効な手段ではない」と言ったようなこと。

 そうなってくると、ひたすら丸暗記で覚えてしまうか、言葉の仕組みを勉強するかになってくる。

 丸暗記はできない。出来てれば、今頃私は東大か京大に行ってJAXAに就職している(頭の回転が足りないので無理)。

 暗記は無しだ。

 言葉の仕組み、すなわち文法か。それしかないのか…。

 

 

 

 と言う事で、一時期休職から復職するにあたっての回復期に時間が取れたので、英語学習者に有名な「Forest」とかやってました。文法やり出した一番初めはこれまた有名な「Mr.Evineの中学英文法を終了するドリル」「in USE」をやりました。いきなり「Forest」は勧めないですね。本気で文法嫌になるので、中学英文法の薄目の本で肩慣らししてからの方がいいです。

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

  • 発売日: 2013/12/01
  • メディア: 単行本
 

 一番下のは「Forest」の問題集です。

 Forestあたりはもう古いかもしれませんね。

 ただ、Forestはボリュームがあり過ぎて挫折しました。それでも、やった範囲内ではやって良かったな、と思います。

 

 今調べたら、Forestは絶版だそうです。新しいのは、「Evergreen」だそうですよ。

 

  そんなわけでヒーヒーいいながら勉強はしていたのですが、「単語は全部わかるのに意味が分からない」と言う事が頻発していて頭を抱えておりました。単語が分からないと、もう壊滅的に何もわからん。

 

 そんなある日、このブログで何度か登場されている西澤ロイ氏がTOEICのリーディングセクションのドリルを上梓されるということで、発売日近辺で買いました。もう、2年前なんだね。

 その前に出たリスニングセクションの本(下記の赤い本)が良かったので期待して買いました。

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART1&2

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART1&2

  • 作者:西澤ロイ
  • 発売日: 2017/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

  そのときのレビューはこちら。

nazoblog.hatenablog.jp

  さて、こちらが今回ご紹介する「イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5 」です。 

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5

イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART5

  • 作者:西澤ロイ
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  発行年月日から2年かかってやり終わったのかと思ったけど、ブログで確認したら1年寝かせてるので1年かかった計算ですね。でもまあ、2年かかったのと変わらんか、寝かせてるんだから。

 

 結構、勉強するのに負荷がかかります。キツイです。でも、効果があります。

 英文法というより、文章をどう分解して理解して読み解くか、という点に焦点を当てた本です。品詞の理解と5文型は覚えないといけませんが、それだけでは読めない部分を読めるようにしてくれる感じでしょうか。

 どの単語や文節が何を修飾しているのかというのが分からないと英語って読めないわけでして。SVOとかSVCとかありますが、3単語で終わるわけではないですからね。「赤ちゃんが持っている黄色くて固くて音の鳴るオモチャ」みたいなSがあるわけで。そうなると私なんかお手上げなんですよ。

 その辺とかあの辺とか(どの辺だ)を分かるようになりましょうって感じで。

 

 まだまだ全然英文がスラスラよめるようにはなっていませんが、前よりはマシになりました。少し英文が見えるようになったと言いますか。

 

 TOEICを銘打ってますが、TOEICに限らない文章読み解きの虎の巻です。

 イマイチ英文良くわからんのよ、と言う方にお勧めします。

 

ブログ運営ヘタっぴですね。でも、それでいいんです。

  ここ二日、久々にアホみたいにブログ書いていました。

 現在、ほとんど書いていないモノも含めると(゚Д゚)@謎名義でブログ2本、nazo名義でtumbler1本、全く別名義でnote1本を回しています。

 このブログ以外はテーマを絞って書いており、tumblerは今英語で映画の感想を書いていて、本当にごくごくたまにしか更新していません。オンライン英会話の先生に添削してもらったものを投稿しています。

 もう一本のブログとnoteもテーマは1つです。

 

 ブログに対する考え方は、昔と変わらないです。

nazoblog.hatenablog.jp

nazoblog.hatenablog.jp

  一応、先ほども書きましたようにテーマを絞ったブログは作りましたが、やはりブログを順番に毎日書くのは無理ですね。毎日でなくても頻度を今より上げればいいのでしょうけれど、体調の関係もあって厳しいです。あと、そんなにネタが無い。たとえば、映画見なきゃ感想ブログ(しかも英文)なんて書けないわけですし。

 そんなわけで、ブログ歴も15年にもなってくると達観して訪問者数は気にしなくなりました。

 

 ふ、訪問者数を気にするなんて小僧さ。

f:id:nazonazoon:20200726144942p:plain

 

 といいつつ、ブログの広告収入で稼ごうと思ったり、そこからライターの道を開いたりしようと思えばPVってのは大事ですけどね。そういう人は、毎日ブログ書くのがんばって。

 え?あなたアフィリエイトやってるじゃん、ですって?

 やってますけど、それで飯食おうとか思っていないので、まあ、うちのリンクから買ってくれたらラッキー、ぐらいの気持ちです。そもそも始まりは雑誌や漫画の表紙にも著作権が発生するのではないか?と言う話が大昔にあって、じゃあアフィリエイトで画像表示すれば問題ないじゃん!と思ったのです。今は表紙だけなら販促になるのでいいのでは?という感じのようですね(中身は絶対ダメです)。モノもアフィリエイトで表示させているのは、うちのリンクから(以下略)

 

 じゃあ、なんで1記事書くのに2時間以上かかるし、いろいろ調べたりして労力かかるのに、そんなにブログ抱えて書いてるの?って話ですが、面白いモノが書きたいってところでしょうか。何かを「書く」事がそもそも好きなんですね。小説でもブログ記事でも何でも。

 本当にただただそれだけで、「時間泥棒」に書いた気持ちをずっと持ち続けています。

 

 テーマ別のブログを作ったのは読む人がその方が読みやすいだろうな、と思ったからで、自分的にはこのブログで全部書いちゃったほうが楽です(^^;)

 基本、文章ってのは他人に読んでもらうものですから、文章をわかりやすくするのは当たり前として、その他の要因でも読みやすく出来ることがあればやったほうがいいと思うんです。ただ書くだけであれば、日記帳に日記書いて机にしまっていればいいわけですから。

 あ、今はブランド化は考えていませんw

 

 ブログ運営としては効率が悪くて下手くそなんだろうな、とおもいます。

 でも、別にそれでいいんですよ、私は。私の運営方法が楽しいから。

 

 なんでも、楽しいが一番、ですね。

え、気が付いたら3年もやってたの???【エイゴックス】

 どうも、寝る前にヨガをやったら何だか調子のいい(゚Д゚)@謎です。ヨガすごいな、ヨガ。思う存分やれるだけのスペースが家に無いのがナンですが。

 

 さて、表題の件ですが、オンライン英会話エイゴックスの会員になってから、気が付いたら今度の8月で4年目に突入します。

eigox.jp

 まあ、3年で英語力が上がったかと言うと…今まで書いてきた記事の通りですが、続いたのはすごいなぁと自分でも思います。

f:id:nazonazoon:20170810171430j:plain

 途中1年ぐらいは、体調の悪さでとにかく辛くてレッスンもただ喋って終わりということが多かったです。それだと効果ってあんまりないんですよね。それでも続いた。

 

 続いた理由の一つは、自分に合った料金体系だったことでしょうか。

 ネイティブ講師を週4回で4290円(税込)のプランでずっとやってきています。

 これがやはり一番自分に合っていた。平日は他の英語の勉強もできないし、なんならTwitterを読むことすらままならないのに英会話なんて出来ません。そうなると、週末に25分と言うのが、多少体調が悪くても実践できる方法になります。

 最近では、予習と復習をやるようにしているので少しは効果があればいいな~と思っています。

 

 理由の二つ目は、気に入った講師がいること。

 もちろん、常にその講師だけを予約できるわけでもないので、複数の講師をお気に入りに指定しています。概ね講師のレッスンスタイルは分かっているので、キッチリ勉強したいときと、ただ話すだけでいい時とで分けて利用しています。

 一つ困るのは、気に入った講師が見つかってもいつの間にかレッスン予約のシフトが入らなくなっていることです。結局メインふたり、メイン以外の講師は変動すると言った感じですね。

 初めの頃は、チャットボックスを使っての指摘などをしてくれない講師にがっかりしたものですが、今では別にその辺は気にならないですね。勉強になる講師を確保しているので、たまにはいっか~な感じで。会話だけの先生も楽しいので気分転換になります。

 そう思うと、講師の質については良い方じゃないでしょうか。フィリピン人講師はあまりとらないのでわかりませんが、一回取った時はとてもいい先生でした。

 あ、あと講師データに「キャンセル率」と「すっぽかし率」があるのが面白いです。これ、この率が高くてもレッスンは良い講師もいますから、まあ、「すっぽかされるかもしれないから覚悟しておいて」という目安ですね。だいたい1~2%なのでそんなにひどい人はいないのではないでしょうか。

 

 最近は、ライターをやっているという先生を見つけたので以前やってすぐに止めてしまった「英文を書いて添削してもらう」をやっています。結構楽しいです。

 

先生ハンサムだから

(そこか)

 

 と、いうわけで思ったより長く続いているエイゴックスの話でした。

 

 

 

 



英語学習の記録ツール

 どうも、全然英語を勉強していないうちに、能力下がりまくりの(゚Д゚)@謎です。うごぉおおおお。

 

 さて、過去の記事にもありましたように最近は学習記録をスタディプラスにしています。

nazoblog.hatenablog.jp

 この記事を書いた後も、1000時間の方を利用しようと思っていたのですが、Amazonで販売している本の追加が出来なくなっていまして、どうもサイト運営もストップしている様子なので修正される可能性が少ない。多読の方はまだ正常に動いているので使えそうですが。というわけで、ブログパーツからもクエストとタドキストを削除しました。

 

 ちなみに、英語を勉強したかしないかで体調の良し悪しも分かります。

 やはり、調子が悪いと会社から帰宅後にご飯を食べたら寝るしかできないので、勉強どころではない。Twitter読めればまだいい方。脳に負担をかけられない。

 調子よければ帰りの電車で単語アプリとか5分でも10分でも何かは出来る。

 そんな感じですね。土日はオンライン英会話のエイゴックスとその予習復習で1時間~2時間勉強しています。

 

 まあ、それだけだと絶対的に勉強時間少ないんですけどね。

 

 疲れて寝てる時間が無ければ、英語だけではなく、もっといろんなこと出来るのになぁ…。

 

Amazonアソシエイト参加中